世界
お金

外国人研修生を上手く活用するメリット

男性

外国人研修生を受け入れる点での注意

会議

外国人研修生を雇うリスクを考える

国旗

外国人研修生に多くの内容を短時間で教える

外国人の研修生を迎え入れて企業レベル向上

地球

一流企業へと成長するためには、社会へどれだけ貢献できるかがポイントになってきます。ただ企業の利益をだけを最優先していては、一流企業と呼べません。そこで、企業がどんな活動をして社会貢献をするのか、そのCSRについても充実を図らなければいけないです。
そのひとつとして取り上げられるべきなのは、外国人の研修生を迎え入れることです。発展途上国などからやってくる外国人の研修生は日本で技術力を身につけたいと思っています。その向上心は日本人の若者以上であることも少なくなく、企業が外国人の研修生を迎え入れることは仕事にとってプラスになります。
また、実務経験のない外国人の研修生に対してどう教えていくのか、日本人のティーチングスキルについても向上させることができます。そして、その活動が世間に知れ渡れば、積極的に国際化を推進しているグローバルな企業として、周りから一目置かれやすくなります。それは一流企業へと成長するために必要な過程であり、できるだけ早く行うに越したことはありません。
さらに、外国人の研修生を迎え入れて技術を習得してもらえば、全体的な競争力の向上にもいずれつながっていきます。それは企業の果たすべき役割ですので、決して無駄にはならないです。

外国人の研修生を受け入れて職場に活気

どんな仕事でもそうですが、これから先の将来はワールドワイドな視点が必要になってきます。国内だけで商品を販売したりサービスを提供するのはいずれ限界がおとずれますので、日本企業はもっと世界に目を向けていかなければなりません。そのための取り組みとして推奨されるのは、外国人の研修生を受け入れることです。
いきなり海外へ打って出ようとしても、そうそう上手くはいかないです。まずは企業内のグローバル化を図る必要があり、そのために外国人の研修生を受け入れることは正しい選択です。日本人同士だけで仕事をするのではなく外国人とも仕事をすれば、企業内での国際化が進みます。それが進めば自然とワールドワイドな視点を従業員が持ち始めますので、その視点をビジネスに活かせるかもしれないです。
外国人の研修生を受け入れて他の国の文化や考え方を企業内に持ち込むのは、企業の風通しを良くします。また、風通しが良くなれば企業内が活性化され、年齢や国籍に関係なくエネルギッシュな職場になりやすいです。最初は従業員に戸惑いがあるかもしれませんが、コミュニケーションが円滑になるよう促していけば徐々に雰囲気も良くなります。つまり、外国人の研修生を受け入れる利点は少なくないです。

外国人研修生の受入メリットについて

外国人研修生制度を悪用して、安価な労働力として受け入れしている企業も多くあると聞きます。研修生にとっては真の目的である技術力の習得は二の次とされてしまい、せっかくの研修が無駄になってしまいます。受入機関にだまされたと言ってもよいかもしれません。
そのような受入を行っている企業は、一時的には安価な労働力を得ることができるけれども、今後、企業としての発展を考えると、発展拡大していくことは難しいだろうと推測できます。たとえば、海外に現地法人を設立して、その国の新卒者を外国人研修生制度を利用して受入を行い、3年間で基本的な技術と日本の工場管理の良い点をしっかりと教育して、研修終了後は現地法人で将来の幹部候補生として採用する。このようなスキームで外国人研修生制度を活用することは、研修生にとっても受入企業にとってもとても良いことであり、良い結果を生みます。
また、日本語教育もしっかりと行い、日本語能力検定試験では、最低N2、できればN1に合格できるようにしたいものです。そうすることによって、コニュミケーションが円滑に行うことができ、現地企業で日本語が通じることは日本からの駐在員とって、非常に有益になります。このように外国人研修生制度を活用することが、この制度のメリットを最大にできることになります。


外国人の研修生を採用したい企業へ
外国人の研修生を採用するのはとてもメリットが豊富です。競争力を煽ることもできますので、より仕事の密度が高まります。さらなる飛躍を考えている企業は、外国人の研修生を採用することを検討してみてはいかがでしょうか。

お金

外国人研修生を上手く活用するメリット

自分の仕事を上手く行っていく上で外国人研修生等を上手く活用を行って仕事をすすめていく事は大変重要な事となるのです。普段から自分の会社の人材をいかにして有効に活用を行って多くの収益を上げる事を考え…

click!more